日本ハッカの茎にガシッと抱きついていたこいつは何物⁈かめ虫的な?害虫的な??突っついたら落下したので、記録撮影してからピンセットで摘んでぶん投げました!#くせもの#強制排除#超#狭小#プランター#農園#日本ハッカ

日本ハッカの茎にガシッと抱きついていたこいつは何物⁈かめ虫的な?害虫的な??突っついたら落下したので、記録撮影してからピンセットで摘んでぶん投げました!#くせもの#強制排除#超#狭小#プランター#農園#日本ハッカ

こいつだー
なんかハートっぽい模様だなと思ったら、それが特徴らしい。
メスが卵の世話をするとのこと。

エサキモンキツノカメムシ
Sastragala esakii Hasegawa
カメムシ目ツノカメムシ科
エサキモンキツノカメムシ

背部にハート型の紋をもつ中型のカメムシ.まれにカキやカンキツの果実を加害する.北海道,本州,四国,九州,対馬,奄美大島に分布する.

形態:
体長11~13mm.成虫の背面は緑色を帯びた褐色で腹面は黄褐色.前胸背板角は黒色で太く側方に顕著に突出する.小循板にハート型の黄色紋があり,この形状で近似のモンキツノカメムシと区別する.卵は淡黄緑色で50~110卵からなる卵塊を形成する.

加害作物:
【果樹】カキ,カンキツ

被害と生態:
まれに果実を吸汁する.成虫はウド,ウコギ,カラスザンショウ,コシアブラ,ハゼノキ,フサザクラ,ボウシュウマサキ,ミツバウヅキなどにも寄生し,クマノミズキ,ミズキ,ヤマウルシなどで繁殖する.ミズキでは6月下旬から7月中旬にかけて産卵し,新成虫は8月上旬ころから出現する.雌成虫は卵~若齢幼虫期の子を保護する.年一世代.
インターネット版日本農業害虫大辞典</blockquote>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です